亀頭増大術でシリコンを注入する際の費用相場

亀頭増大術でシリコンを注入する際に必要な費用

亀頭増大術でシリコンを注入する際に必要な費用は、シリコンボールの場合には一つ当たり数万円です。一つ増えるごとに料金が高くなりますが、初めの一つ目が3万円から5万円程度でたくさん入れるほど1つあたりが安くなります。

シリコンボールは、陰茎が太くなるわけではありませんが細い人はたくさん入れることで、ボリューム感を出すことができますし触った感じが、オリジナルの陰茎に近いので以前から人気の手術です。シリコンボールは初めの1個が数万円というのが相場ですので、それを参考にいくつ入れたいかをカウンセリングで決められるクリニックを選ぶとよいでしょう。

亀頭増大術は、シリコンを挿入するのは比較的以前から行われていますが、シリコンリングやバーなどの形状のものも人気です。バーのタイプでは60万円前後かかる医療機関もあり、自由診療なのでその医療機関によっても費用が異なってくるので価格調査をしてから利用するのがおすすめです。

亀頭増大術に使われるシリコン素材

亀頭増大術では、様々な薬剤を注入する方法が人気ですが、シリコンを入れる方法も依然として人気があります。特に、ボールタイプのものは一つから手軽に入れることができて、パートナーを喜ばせることができるケースも多いことから、セックスの満足感を得たいという人に人気です。

もちろん、陰茎や亀頭の存在感を出したいという方にも支持されていますが、費用は健康保険が適用になりませんので自費となります。そのため、いくつかのクリニックを比較して治療法なども比べたうえで利用するのが良いでしょう。

相場よりあまりにも高すぎる場合には注意が必要ですし、逆に安いところは後から請求されることがありますので、事前に総額を確認しておく必要があります。亀頭増大術は、正しく治療をすることで大きなメリットがありますし、男性としての魅力が増すものです。自信をつけることができますし、性生活も満足度が高くなりますので、パートナーとの関係性もよくなるのがメリットです。

まとめ

亀頭増大術は、いろいろな薬剤などを注入するものが人気ですが、ボール場やバーやリングタイプのシリコンを入れるのも人気があります。弾力性がある素材なので、陰茎との相性が良くパートナーに喜ばれるといったこともメリットです。病院を選ぶときには、料金の違いだけでなくアフターフォローなども参考にして比較するのが良いでしょう。亀頭増大術を受けることで、性生活は満足できるものになるだけでなく、男としての自信も取り戻せます。